コードネーム 音楽理論

Eメジャースケールのダイアトニックコードを三和音で覚えよう!

今日はEメジャースケールのダイアトニック・コードを確認します。Eメジャースケールはシャープが4個の調です。

前にも書きましたが、ピアノ弾きはなぜかシャープよりフラット系の調を好む傾向があります。同じ黒鍵4つなら、EメジャーのキーよりもA♭の方が弾きやすいのです。

私自身もそうなんですが。なぜでしょうねぇ。。。

記事の最後には動画でも説明していますので、併せてご覧ください!

スポンサーリンク

 

Eメジャースケールの弾き方

では、スケールを見てみます。

赤(=I)はEです。

新しく増えたシャープはなんですか?シャープは「シ」に増えて行くと言いました。

EメジャーのキーではEをドと考えますので、そうするとシは何の音になるのかな?と考えてください。

・・・D#です!

ですから、新しく増えたシャープはD#ということになります。

ではEメジャーのスケールを実際に鍵盤で弾いてみましょう。指使いは、Cメジャー、Gメジャー、Dメジャー、Aメジャーのスケールを弾く時と同じです。

赤丸で囲んだ所で上がって行く時は指をくぐらせ、下がる時は指をかぶせます。

▶️12の長調の音階をピアノで弾けるようにする!

スポンサーリンク

 

Eメジャースケールののダイアトニック・コード(三和音)

では、Eメジャーのダイアトニック・コードを確認しましょう。

 

IのコードE(イー)

トニックです。ルートがE、3rdがG#、5thがBの三音からできています。左手はルートのEの音を弾き、右手はE-G#-Bと弾きましょう。

IImのコードF#m(エフシャープマイナー)

サブドミナントの役割をするF#mです。ルートがF#、3rdがA、5thがC#の三音からできています。左手はルートのF#の音を弾き、右手はF#-A-C#と弾きましょう。

IIImのコードG#m(ジーシャープマイナー)

ルートがG#、3rdがB、5thがD#の三音からできています。左手はルートのG#の音を弾き、右手はG#-B-D#と弾きましょう。

IVのコードA(エーフラット)

サブドミナントです。ルートがA、3rdがC#、5thがEです。左手はルートのAの音を弾き、右手はA-C#-E#を弾きましょう。

VのコードB(ビー)

ドミナントです!ルートがB、3rdがD#、5thがF#です。左手はルートのBの音を弾き、右手はB-D#-F#を弾きましょう。

VImのコードC#m(シーシャープマイナー)

トニック的なコードC#mです。ルートがC#、3rdがE、5thがG#です。左手はルートのC#の音を弾き、右手はC#-E-G#を弾きましょう。

【VIIm(b5) = D#m(b5)】

ルートがD#、3rdがF#、5thがAです。左手はルートのD#の音を弾き、右手はD#-F#-Aを弾きましょう。

Eメジャースケールのダイアトニックコードをマスターしよう!

上の鍵盤図を見ながら、Eメジャースケールのダイアトニック・コードを弾いてみましょう。

  • イー、エフシャープマイナー、ジーシャープマイナーという具合に、コードネームをブツブツ言いながら、順番にコードを弾いて下さい。
  • 左手で1オクターブ下でルートの音を弾いて下さい(つまり、右手でEのコードを弾きながら、左手で1オクターブ下のEを弾きます)。
  • 1, 2, 4または1, 2, 3の指を使って弾くのを推奨します。

黒鍵を使うコードが多いEメジャーのキーですね。

では、動画での解説をどうぞ!

スポンサーリンク

最近の投稿

-コードネーム, 音楽理論

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.