新着記事

リズムパターン 練習ノート

2020/4/13

16ビートのノリを出す魔法のリズムパターンをご紹介

コード弾きが今ひとつ垢抜けないなぁ〜〜。。。 そうお悩みのあなたに、今日は最強のツールをご紹介します! 私も若かりし頃、このリズムパターンを知ってからずいぶん演奏の幅が広がりました。ぜひマスターしてくださいね♪ スポンサーリンク まずは4拍子を16分音符で感じてみよう コード弾きの演奏をひとつ垢抜けたものにするために必要なこと。 それは、16ビートのノリを出すということです。 ・・・え? そんなこと言われても一体どうすればいいんでしょう? 大丈夫! 16ビートのノリは、4分音符を4つに刻んだ16分音符を感 ...

続きを読む

この曲弾いてみました

2020/4/11

イースターによせて

キリスト教の暦では、明日がキリストの復活を記念するイースター。 本当なら各地でイースターをお祝いする色々なイベントがあるはずでしたが、今年はコロナウイルスのせいで全部なくなりました。 家で仕事をしている方。 家ではできない仕事で頑張って通勤している方。 営業できなくなってしまった方。 あるはずだった仕事が全部なくなってしまった方。 それぞれだと思います。 私の仕事は一緒に集まって歌う、あるいは皆さんに演奏をお届けする、、、そんなことが主ですから思いっきり三密にハマってしまいました。 今、文字どおり仕事がゼ ...

続きを読む

まとめ

2020/3/17

ダイアトニック・コードをすべての長調で覚えよう!まずは三和音から

ピアノでコード弾きをする際にはコードネームを覚えなくてはなりません。 ネットで「コード表 ピアノ」と検索すれば、何のコードの時、どの鍵盤を押さえればいいのかはすぐに分かります。でも、意味も分からず丸覚えでは応用が効きませんし、かなりの回り道になってしまいます。 そこで、「ダイアトニック・コード」と言う括りで覚えて行かれることをオススメします。 今回は白鍵しか使わないハ長調から始まって、ト長調、ヘ長調、ニ長調、変ロ長調と言うように順に#と♭の数が増えて行くようにしたいと思います。 この記事はカタログ的に使っ ...

続きを読む

この曲弾いてみました

2020/1/19

卒業写真をコード弾きで伴奏してみたよ!

こんにちは!コード弾きブログ管理人べくゆみです。 卒業シーズンになると必ず聴きたくなる歌「卒業写真」を、今年はコードで伴奏してみませんか? 今から練習すればシーズンまでに間に合いますよ〜♪ スポンサーリンク 8ビートのバラードはひとまずこれでOK! 卒業写真はゆっくりのテンポの8ビートです。 このような曲の伴奏づけは、ひとまず下記のようなリズムパターンでオッケーです! 右手が4分音符でタンタンタンタン 左手がターーンタ ターーンタ このパターンでコードを弾いて行きます。 サビの部分は盛り上げて、少し強めに ...

続きを読む

この曲弾いてみました

2019/12/30

難易度別の楽譜付き!賛美歌「まきびとひつじを」を弾いてみよう!

クリスマス・パーティのちょっとしたBGMにもぴったりの賛美歌103番「まきびとひつじを」は、私の大好きなクリスマス・キャロルの一つです。 何と言ってもメロディーがとってもキレイ。 「牧人(まきびと)」と言うのは羊飼いのことです。 今から約2000年昔のイスラエルの野で羊飼いたちが寝ずの番で羊を見ていた時、突然空がまばゆい光に輝き、天使の軍勢が現れて歌声と共に救い主の誕生を告げた。。。と言う場面が描かれています。 このキャロルをピアノで弾いてみましょう! スポンサーリンク まずは初心者さん向けに簡単なアレン ...

続きを読む

おすすめ記事

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.