コードネーム 音楽理論

コードの役割とは?トニック、ドミナント、サブドミナント

ダイアトニック・コードにはそれぞれの和音に役割があります!12の調のダイアトニック・コードをすべて制覇する前にコードの役割についてお話ししておこうと思います。

スポンサーリンク

スケールの中で重要な音・コード

スケールの中には重要な音というのがあります。もちろん、どの音も大切ですが、特にスケールをそのスケールたらしめる音というのがあります。

主音、属音、下属音

メジャースケール(ドレミファソラシド)で言うなら、まず何と言っても大切なのは「ド」です!ディグリーネームで言えば「I」ですが、これは主音(トニック)と呼ばれています。曲の最後はかなりの確率で主音で終わります。

スケールの各音を一目で分かるように色分けしてみました。「I」を赤にしたのは、やっぱり、ホラ、戦隊モノなんかでも、メインのキャラクターはだいたい「赤」でしょう!?だからです(笑)

次に重要なのが「V」です。これは属音(ドミナント)と言います。これは黄色で表してみました!

そして、それに続いて「IV」も下属音(サブドミナント)と呼ばれて大切です。そんなわけで三原色の青を配置。

属音(ドミナント)は主音から上方向に5度、それに対して下属音(サブドミナント)は主音から下方向に5度の音程です。

トニック、ドミナント、サブドミナントのコード

トニック、ドミナント、サブドミナントをルートに持つコードも、同じくトニック(主和音)ドミナント(属和音)サブドミナント(下属和音)と呼ばれています。

曲の最後はだいたいトニック(ドミソの和音)で終わります。

そして、ドミナント(ソシレの和音)はトニックに行きたがる性質を持っています。これはドミナントに含まれる「シ」とトニックに含まれる「ド」の音が半音程の関係だからです。またドミナントのルート「ソ」からトニックのルート「ド」への動き、これが強い牽引力を持っているためです。

では、Cメジャースケールのダイアトニック・コードでトニック、ドミナント、サブドミナントを確認してみましょう。

  • トニック→C
  • ドミナント→G
  • サブドミナント→F

となりますね。

スポンサーリンク

I、IV、V以外のコードの役割

それではI、IV、V以外のコードにはどんな役割があるのでしょうか?

トニック的なVImのコード

CメジャースケールのI(C)とVIm(Am)とを比べてみましょう。

CとEの二つの音が共通していることが分かります。したがって、AmすなわちVImはトニック的な役割をします。

サブドミナント的なIImのコード

続いて、同じくCメジャースケールでIV(F)とIIm(Dm)を比べます。

FとAの二つの音が共通していることが分かります。したがって、IImはサブドミナントとしての役割を持つことになります。

IIImのコードもトニック的

最後にCメジャースケールでIIIm(Em)とI(C)とV(G)とを比べてみます。

EmとトニックであるCのコードではEとGの音が共通していますが、同時にドミナントであるGのコードともGとBの音が共通していることが分かりますね。これだとどっちなんだろう?と迷ってしまいそうです。

実は、今はまだ和音を3個しか重ねていませんが、この先4段重ね、5段重ねと進むとIIImのコードはIのコードとの共通音が多くなって行きます。したがって、トニック的なコードに分類されます。

VIIm(b5)はあまり使われないけどドミナント的

CメジャースケールのVIIm(b5)はBm(b5)です。このコードの構成音はB, D, Fです。ですからドミナントであるG(構成音:G, B, D)と共通した音(B, D)を持っています。ただ、このコードは単独ではほとんど使われることはありません。

同じコードでも調によって役割が変わる!

さて、CメジャースケールとGメジャースケールとFメジャースケール、この3つでコードの役割を比較してみましょう。

例えば、CメジャースケールではトニックだったCのコードが、Gメジャースケールではサブドミナントになっています。またAmのコードはどの調にも登場しますね。Cメジャースケールではドミナント的な役割、Gメジャースケールではサブドミナント的な役割を担います。

コードを弾く時はいつでもキー(調)を意識して頂くといいです。

「あぁ、この前覚えたあのコードはこのキーではこっちの役割になってるんだなぁ〜」

なんてことを頭の片隅に置きながら12の調のダイアトニック・コード(三和音)を覚えて行ってください。

スポンサーリンク

最近の投稿

-コードネーム, 音楽理論

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.