コードネーム 音楽理論

B♭メジャースケールのダイアトニックコードを三和音で覚えよう!

こんにちは!コードネームは着々と身についていますか?

スポンサーリンク

今日はフラット2つのBbメジャースケールのダイアトニックを三和音で覚えます。五度圏を時計を反対回りに2つ進みます。

これまで覚えたコードも顔を出すはずですよ。既にお気づきだと思いますが、同じコードが他のキー(調)でもくりかえし出て来ますよね。

ですから、やればやるほど簡単になって行くんです!

加えて、、、実際にはしょっ中使う調はある程度限られますから、12の調を全部マスターしなくちゃいけないと言う訳でもありません。

でも、Bbメジャーは必須ですので、頑張ってください!最後に動画でも解説しています。

Bbメジャースケールの弾き方

まずはスケールをおさらいします。

フラット系の調は、始まりの音(I=ド)からして既に黒鍵、というものがほとんどですね。そのため指をくぐらせたり、かぶせたりする箇所が多くなります。赤丸で囲んでいる所が、上りは1の指をくぐらせる、下降は1の指の上にかぶせる形になります。

一般的なスケールの指づかいもお伝えしておきますが(算用数字で書いているのが指番号です!)、ご自分のやりやすい指づかいで弾いても問題ありません!

コードを弾く前に必ずスケールを弾いて、黒鍵の場所などを確認しておいてください。

▶️12の長調の音階をピアノで弾けるようにする!

スポンサーリンク

Bbメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音)

では、コードを三和音で確認しましょう。

IのコードBb(ビーフラット)

BbメジャースケールのトニックはBbです!ルートがBb、3rdがD、5thがFの三音からできています。左手はルートのBbの音を弾き、右手はBb-D-Fと弾きましょう。

 

IImのコードCm(シーマイナー)

サブドミナント的な「II」のコードはCmです!ルートがC、3rdがEb、5thがGの三音からできています。左手はルートのCの音を弾き、右手はC-Eb-Gと弾きましょう。

 

IIImのコードDm(ディーマイナー)

「III」のコード、Dmです。ルートがD、3rdがF、5thがAの三音からできています。左手はルートのDの音を弾き、右手はD-F-Aと弾きましょう。

IVのコードEb(イーフラット)

サブドミナント、Ebです!ルートがEb、3rdがG、5thがBbの三音からできています。左手はルートのEbの音を弾き、右手はEb-G-Bbと弾きましょう。

VのコードF(エフ)

ドミナント、Fです!ルートがF、3rdがA、5thがCの三音からできています。左手はルートのFの音を弾き、右手はF-A-Cと弾きましょう。

VImのコードGm(ジーマイナー)

トニック的なコード、Gmです。ルートがG、3rdがBb、5thがDの三音からできています。左手はルートのGの音を弾き、右手はG-Bb-Dと弾きましょう。

VIIm(b5)のコードAm(b5)(エーマイナーフラットファイブ)

「VII」Am(b5)のコードです。ルートがA、3rdがC、5thがEbの三音からできています。左手はルートのAの音を弾き、右手はA-C-Ebと弾きましょう。

 

B♭メジャースケールのダイアトニック・コード(三和音、基本形)をマスターしよう!

上記の鍵盤図を見ながら、Bbメジャースケールのコードを弾いてみましょう。

  • ビーフラット、シーマイナー、ディーマイナーという具合に、コードネームをブツブツ言いながら、順番にコードを弾いて下さ
  • い。
  • 左手で1オクターブ下でルートの音を弾いて下さい(つまり、右手でBbのコードを弾きながら、左手で1オクターブ下のBbを弾きます)。
  • 黒鍵の音(BbとEb)に注意!(DmとF以外のコードにはすべて黒鍵が含まれます)

では、動画でもご確認くださ〜い!

スポンサーリンク

最近の投稿

-コードネーム, 音楽理論

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.