コードネーム 音楽理論

Dメジャースケールのダイアトニックコードを三和音で覚えよう!

シャープ2個の長調、Dメジャースケールのダイアトニック・コードを3和音で覚えましょう。初めですのでかなり丁寧に、12の調を一つずつ確認していきます。記事の最後には動画による解説も載せています。

スポンサーリンク

五度圏をCから時計回りに二つ進んだ調になります。

Dメジャースケールの弾き方

では、スケールのおさらいです。

F#とC#、黒鍵が二つになります。右手でスケールを弾く場合、F#-Gの所で指を変えます。B-C#(指番号3-4)の所は指を広げる感じになりますので、スッと弾けるようになるまで練習してください。

コードを弾く前にコードの構成音であるスケールを練習しておくことが大切です。

▶️12の長調の音階をピアノで弾けるようにする!

スポンサーリンク

Dメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音)

では、コードを確認しましょう。

トニックがD、ドミナントがA、サブドミナントがGとなっています。そこはしっかり押さえておきましょう。

 

IのコードD(ディー)

Dメジャースケールの「I」のコードはメジャーコードです。ルートがD、3rdがF#、5thがAの三音からできています。左手はルートのDの音を弾き、右手はD-F#-Aと弾きましょう。トニックです!

IImのコードEm(イーマイナー)

「IIm」のEmのコードはマイナーコードです。サブドミナントの性格を持つコードで、ルートがE、3rdがG、5thがBの三音からできています。左手はルートのEの音を弾き、右手はE-G-Bと弾きましょう。

IIImのコードF#m(エフシャープマイナー)

「III」はF#mです。ルートがF#、3rdがA、5thがC#の三音からできています。左手はルートのF#の音を弾き、右手はF#-A-C#と弾きましょう。

IVのコードG(ジー)

サブドミナントです!ルートがG、3rdがB、5thがDの三音からできています。左手はルートのGの音を弾き、右手はG-B-Dと弾きましょう。

VのコードA(エー)

ドミナントです!ルートがA、3rdがC#、5thがEの三音からできています。左手はルートのAの音を弾き、右手はA-C#-Eと弾きましょう。

VImのコードBm(ビーマイナー)

トニック的なコードです。ルートがB、3rdがD、5thがF#の三音からできています。左手はルートのBの音を弾き、右手はB-D-F#と弾きましょう。

VIIm(b5) のコードC#m(b5)(シーシャープマイナーフラットファイブ)

「VII」のコードはC#m(b5)です。ルートがC#、3rdがE、5thがGの三音からできています。左手はルートのC#の音を弾き、右手はC#-E-Gと弾きましょう。

 

Dメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音、基本形)をマスターしよう!

上の鍵盤図を確認しながら、Dメジャースケールのコードを弾いてみましょう。

  • ディー、イーマイナー、エフシャープマイナーという具合に、コードネームをブツブツ言いながら、順番にコードを弾いて下さい。
  • できれば、左手で1オクターブ下でルートの音を弾きましょう(つまり、右手でDのコードを弾きながら、左手で1オクターブ下のDの音を弾きます)。
  • C#とF#に注意!(IIm=EmとIV=G以外には必ず黒鍵が含まれます!)

動画も併せてどうぞ。

スポンサーリンク

最近の投稿

-コードネーム, 音楽理論

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.