コードネーム 音楽理論

Fメジャースケールのダイアトニックコードを三和音で覚えよう!

こんにちは!今日もこのレッスンブログに来ていただけて、とても嬉しいです。

なぜって?

それは、皆さんのコード弾きへの挑戦がまだ続いているってことだからです!(パチパチパチ)

スポンサーリンク

 

さぁ、今日も頑張って行きましょう!

前回はシャープ1個のGメジャースケールのコードを確認したので、今回はフラット1個のFメジャースケールのコードを覚えましょう!最後に動画でも解説しています。

Fメジャースケールの弾き方

まずスケールの復習です。Fが赤、すなわち I(ド) になりました。Bbが黒鍵になります。

このスケールを右手で弾く場合ははどんな指づかいで弾きましょうか?

《右手》で弾く場合。

  1. Fを1の指に合わせます。
  2. 順に2、3、4とBb(黒鍵)まで上ります。
  3. 4の下をくぐるようにして、1の指をCに。
  4. また順に2、3、4で上のFに到達します。

BbからC、CからBbへの指の移動が距離があって少しやりにくいかと思いますが、手首をグイッと回してください。

ところで、この指づかいは一般的な、合理的と言われている指づかいですが、もちろんこの通りにやらなきゃいけない、と言うわけじゃありません。自己流でやっても、もちろん構いませんよ。

▶️12の長調の音階をピアノで弾けるようにする!

Fメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音)

では、Fメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音)の一覧です。目盛り一つずつが半音程で、各コードは下から順にルート、3rd、5thです。

スポンサーリンク

Fメジャースケールのダイアトニック・コードを鍵盤図で確認しよう

IのコードF(エフ)

Fメジャースケールの「I」のコードはメジャーコードです。ルートがF、3rdがA、5thがCの三音からできています。左手はルートのFの音を弾き、右手はF-A-Cと弾きましょう。

IImのコードGm(ジーマイナー)

「II」のGmのコードはマイナーコードです。ルートがG、3rdがBb、5thがDの三音からできています。左手はルートのGの音を弾き、右手はG-Bb-Dと弾きましょう。

IIImのコードAm(エーマイナー)

「III」のAmのコードはマイナーコードです。ルートがA、3rdがC、5thがEの三音からできています。左手はルートのAの音を弾き、右手はA-C-Eと弾きましょう。

IVのコードBb(ビーフラット)

「IV」のBbのコードはメジャーコードです。ルートがBb、3rdがD、5thがFの三音からできています。左手はルートのBbの音を弾き、右手はBb-D-Fと弾きましょう。

VのコードC(シー)

「V」のCのコードはメジャーコードです。ルートがC、3rdがE、5thがGの三音からできています。左手はルートのCの音を弾き、右手はC-E-Gと弾きましょう。

VImのコードDm(ディーマイナー)

「VI」のDmのコードはマイナーコードです。ルートがD、3rdがF、5thがAの三音からできています。左手はルートのDの音を弾き、右手はD-F-Aと弾きましょう。

VIIm(b5)のコードEm(b5)(イーマイナーフラットファイブ)

「VII」のEm(b5)のコードはマイナーフラットファイブです。ルートがE、3rdがG、5thがBbの三音からできています。左手はルートのEの音を弾き、右手はE-G-Bbと弾きましょう。

 

FメジャースケールにはBの音は存在しません。必ず黒鍵のBbフラットを弾いて下さいね。黒鍵(Bb)が含まれるコードは、Gm、Bb、Em(b5)、この3つです。これらのコードが出て来たら、忘れずに黒鍵を弾いて下さい。

Fメジャースケールのダイアトニック・コード(三和音、基本形)をマスターしよう!

上の鍵盤図を確認しながら、Fメジャースケールのコードを弾いてみましょう。

  • エフ、ジーマイナー、エーマイナーという具合に、コードネームをブツブツ言いながら、順番にコードを弾いて下さい。
  • もしできるなら、左手で1オクターブ下でルートの音を弾きましょう(つまり、右手でFのコードを弾きながら、左手で1オクターブ下のFの音を弾きます)。
  • Bbに注意!

動画で確認したい方はこちらをどうぞ!

では頑張ってくださ〜い!

スポンサーリンク

最近の投稿

-コードネーム, 音楽理論

Copyright© 誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.